まとめ記事

23.10月のツイートから

ayukon0407

こんにちは。神奈川県川崎市にある「あゆみの結婚相談所」、婚活カウンセラーの村瀬( @ayukon_mrs)です。
私の10月のツイートの中から選抜したものに自身でコメント・ツッコミを入れながら、10月を振り返っていきたいと思います(未だに「X」「ポスト」に慣れないためTwitter文脈で失礼いたします)。

成功への第一歩は一に観察二に観察、三四が無くて五に観察です。
お相手と自分の外見・内面をとにかくよく見て、それからどう行動すべきかを考え・実際に動いてみることが大切です。
婚活で難しいことの一つが、モチベーションを一定以上に保つということだと思います。
活動前に、「自分のモチベーション下がりそうポイント」を想定し、対策を立てておくことが大切です。予想は外れることもありますので、都度現実にあわせて修正していきましょう。
「主人公がめんどくさがりや」「ラブ?コメドラマとして楽しい」「さくっと見られる」点においてめんつゆひとり飯、オススメです。
料理に限らず「今の時代の婚活における人気ステータス」や「自分自身の幸せな結婚にとってそれが必須か。自分が自力でやれる必要があるか」等を踏まえた上で、ご自分がどういう選択をするかを決定していただくのがいいと思います。
好奇心旺盛なフットワークの軽いオタクで良かったな、と思うことがしばしばあります。
何を見ても仲人業に絡めて考えている時、自分は結婚相談所を仕事としているんだな、と思います。
色々な本に上記のような記述が何度も出てくるので、多くの成功者に共通する考え方なのだろうな、と思います。
「すごくなってから成功するのではなく、すごく振る舞うから成功する」と言うか。
2023.10現在IBJには4,064の結婚相談所があります。「明らかに担当と合わない」相談所に入る理由は何も無いと思いますので、無料相談は複数行ってみることをオススメします。
ただし「お金を払えば必ず自分の夢を叶えてくれる結婚相談所」は実在しませんし、「うちにお金を払いさえすれば叶いますよ!」と言ってくる相談所があったら、そこには入会しない方がいいと思います。
「婚活とは」を考えさせられる番組だった。人は普段自分がいる世界を「常識」だと思ってしまいがちだが、それはあくまで自分に取っての常識だと言うことを忘れてはいけないなと思いました。
当日は姿勢も含めてしっかりご指導いただくのだけれど、「自然な笑顔」で撮ってもらうって本当に難しい…!
最高の一枚を撮って欲しいなら、事前練習しかない!!!今恥ずかしがって希望の人とお見合いが組めなくなるのと、今頑張って希望の人とお見合いできる確率を上げるの、どっちを自分が選ぶかです。
相手に完璧を求めすぎては永遠に結婚できませんが、とは言え「そこは譲っちゃダメだよ…!」というポイントもあります。
せっかく相談所を利用しているなら、第三者である仲人の冷静な目も活用しましょう。
もちろん仲人側は「どんなサポートが今のこの方にとって最適か」を考えながら日々接してはいる訳ですが、エスパーではないですし24時間一緒に生活している訳でもないので、お話ししていない間に起こった突然の気持ちの変化等に気付くのは困難です。
なので、「前回からこういう風に変化した」ということは言葉で伝えていただければと思います。その行動は、結婚後の円満な夫婦生活にもきっと役立ちます。
フィクションはフィクションとして楽しみつつ、現実も現実として楽しんで行きましょう。
リアルタイムで無限の広がりを秘めた現実を生きるのって、楽しいことですよ。
仲人だからと言って婚活中の全ての気持ちに寄り添えるとは思っていないけど、大事な相談をする時に思い浮かぶ人ではありたいものだ、と思う。
私の口調を聞いてみたい、と言う方は録音再生をどうぞ。低めの喉声でお届けしております。
交替制勤務・激務の中、頑張って・誇りをもって働いてくれている人をたくさん知っているので、そういう人も幸せな家庭が持てる世の中であってほしいな、と思う。
結婚相談所で婚活をするなら、全国展開オンラインゲームで上位を狙うぐらいの気概を持って臨むといいと思います。
努力をしなれている人は、既にそれを努力と感じずに「当たり前」と思う域に行っていたりする。
「今の自分はそこにはいない」「けれど、自分が結婚したい異性が選ぶ相手は『当たり前』と思う域に行っている人」なのであれば、そこを目指すか自分の狙うゾーンを再検討するしかない。
こういう基本的なところを丁寧にできる人が、結局は短期間で成婚していく傾向にあると思う。
自分が予定組が苦手なタイプなら、「どういうやり方をすれば自分にもそれができるか」を考える必要がある。
婚活ではじめて頑張って装う勢は、やってみて始めて「自然に清潔感がある人」がどれだけ手間をかけていたかがわかると思う。
部屋もそうだけど、何もしないのに綺麗な状態が保たれるっていうのはありえないのよ…
「自分のパートナーの見た目が素敵だったらガッカリする」という人は少数派だと思うので、未来のパートナーのために頑張ってあげてほしいです。
料理もメイクも家事も、普段からやる人と全くやったことのない人では「普通」の基準が違うんですよね。
せっかくならなるべく「成婚退会後につながる婚活」をしていきましょう。
「このお申込、受けたい…!」と思ってもらえても、既に1ヶ月先まで予定が埋まっているから受けて頂けない、ということは実際あります。なので「忘れられない人には再チャレンジは」ありだと思います。
もし仲人さん同士で交流があればチャンスの際に教えてもらえたりするかもなので、ダメ元で相談してみるのもいいかもしれない…!?
とは言え仮交際の人数を増やしすぎると一人一人にしっかり向き合えなくなりますので、その点はご注意を。
「自信が無さそうだった人が少しずつ自信をつけていく」のを見るのが、昔から私は好きなんだと思います。
世の中に一つ笑顔が増えるって、嬉しいことです。
お互い疑いあった状況のままでは、信頼関係は築けないと思います。
どこかでどちらかが先に警戒を解かないと永遠に緊張状態が続いてしまい、二人の間に「安全」な空気が流れないんですよね。
①と②って割とすぐ思いつきやすいかと思うんですが、③ってなかなか難しいです。
でも、③ができるとパートナーと良好な関係を保てる確率がグッと上がると思います。
「嘘をつけ・盛りまくれ」と言っている訳ではない。
あなたの「本来の素敵さ」を最大限活かした方法で、お相手にアプローチしよう!
お互いがお互いに「らしさ」を押しつけずにすむ世の中になっていったらいいなぁ、と思います。
婚活をしても、厳しい道のりになるかもしれません。
でも、「結婚したい」と思っているのなら。
一度、本気で頑張ってみませんか。
今の時代、良くも悪くも他人が背中を押してくれることは減りました。
だからこそ、自分から踏み出す必要性が昔よりも出てきています。でも、良き結婚には「踏み出すだけの価値」があると思います。
大人になればなるほど、「しっかり勉強してきた人が身に付けた力の偉大さ」を感じます。
そこで身に付けた力を、今こそ自分に・大切な人に活かす時です。
この回のボクらの時代は本当に「秒」だったな。
「誰かのための方が力が出る気がする」というのは、40代以上の仕事ができる独身の方からよく聞く言葉です。
普通の人が楽しみを見いだせない中にも楽しみを見いだせる人って、周りから魅力的に映るんだと思う。
もちろん「楽しい100%」ではいられないけど、「そういようと心がけること」は大事なんじゃないかな、と思う。
結婚相談所での婚活は、お相手のためにも漫然と進めてはいけません。
焦って無理に決めろと言っているのではありません。短い期間の中でも密度の濃い交際をして、安心した状態で成婚退会しよう、と言っているのです。
人生取り返しがつくこともたくさんあるけど取り返しがつかないこともたくさんある、と思っているので、「あっ…!」と思った場合にはなるべく「えいやっ!」と話しかけるようにしています。
思い切って話しかけた結果、「話しかけなきゃ良かった…!」と思うことは無い、ということが経験上わかっているから思い切れるのかもしれません。
写真と実物を一致させられるように、お互い頑張っていきましょうね…!
人気会員さんには入会後3日以内に申し込んでも難しい、なんてことも多いと思います。さらにその期間に申し込めても「クリックしたいと思ってもらえる写真」でないと、プロフを見てもらえる前に試合が終了してしまいます。
写真はとにかく、「今できる自分の最大限の装い+笑顔」で。笑顔、めちゃくちゃ大事です!!!
「あなたと結婚したら、めちゃくちゃ幸せを感じてくれる人」って、案外いるものなんですよ。
騙されてるって思いますか? ちょっと信じてみようかなって思いますか?
「またチャンスを下さい!」が通用しないことも多いのが婚活です。
常にベストを出せるように、備えておきましょう。
私は自分で落ち着いてヘアメイクを仕上げるには2時間かかります。1時間でもできるにはできますが、焦ってあまり良い結果にならないことが多いとわかっているので、その分時間をかけるようにしています。
非オシャの私でもそのぐらいはかけています。よろしければ参考までに。
自主性の無い婚活をすると、成婚はできたとしても幸せな結婚生活の継続は難しいと思います。
もし今まで自分の舵を人に預けてきてしまったなら、今すぐ取り返して自分の手で握りましょう。
見た目がいい「だけ」では成婚はできない。
でも、お見合いができないことには一歩も成婚には近付けない。
数は少なくてもいい。でも、お見合いを成立させなくては、何も始まらない。
何をしても・何の努力もしなくても許してね☆ということでは無く、お互い強がらずに生きていけたらいいですよね、という話です。
素敵な笑顔の力って本当にすごいんですよ。
嘘だと思ったら、そのラウンジで圧倒的に一番キラキラの笑顔を、お見合い相手の方に届けてみて下さい。
知人の話を聞いて、すごく納得したのを覚えている。
素敵なカップルを見ていると、「私にもあんな風に想い合える相手がいたらいいな」と思ったりするものだ。
厳しすぎるルールからは良い物は生まれない、というのは経験から感じている人も多いんじゃないだろうか。
良いものは、伸び伸びとした環境から生まれてくるものだ。
誰もがいきなり「熟練カップル」にはなれない。そこに辿り着くには、時間と手間が必要。
料理初心者に勇気をくれる料理、それが八木メシ。
「ありのまま=何の手もかけない」ではない。自分自身が持っているポテンシャルを、もっと信じてあげてほしい。
人間と人間が一緒にいたら、合わない部分があるのが当たり前です。二人のより良い形を探るための意見の交わしあいをすることは、大切なことです。
画面の向こうのあなたに、呼びかけています。
婚活中は交際相手との人間関係構築に一番手間暇をかけるのが理想なので、自分と合わない仲人とのコミュニケーションに時間をかけることは非常にもったいないと思います。
「この人から言われたら、多少耳が痛いことでも素直に聞けるな」という人の元で婚活をすることをオススメします。
スタートの時点で大事にしあえない人との結婚は、やめた方がいいと思います。
「最短で決めるぞ!」と全力で婚活するのは素晴らしいことだと思いますが、どうか早まりはしないで下さい。
皆さんに共通するサポートももちろんあります。
でも、その人に一番必要なサポートの内容は、人によって個別に違うんですよね。だからこそ、この仕事が存在する意義があるんだと思います。
結婚生活だけでなく、多くの場合、人と人との関係は「助け合い」です。
「何でも勝負に捉えがちだな」という自覚のある方は、まずは勝負という舞台から降りることが幸せな結婚への第一歩となります。
同人活動や音楽ファンをやっていると、イベントやライブの度に上京している方って本当にすごいな…!と思います。
都市部組は自分が恵まれた環境にいることに感謝しつつ、せっかくならそのメリットを活かして頑張っていきましょう。
「昭和や平成だったから結婚できたんだね…良かったね…」と思う人はたくさんいるものです。
令和の結婚相談所で結婚するって、「現代の価値観を求められる場所」で結婚する訳なのですごいことだと思いますし、婚活で鍛えられた部分はきっと結婚後に生きてくると思いますよ。
これ、よく思うんですよねぇ。目標が共通している者同士がたくさん揃っているのに、上手く行かないものだなぁ…と。難しいものですね。
柏木さんの健やかメンタルは本当に見習うべき所が多いと思う。
定期的に見返したくなる動画。

「秋…なの? 夏、ではないけど…」と言いたくなるような日が続いていますが、いよいよそろそろ寒くなってくるようです。
とは言え晴れた日の日中はポカポカの日も多いと思いますので、朝晩と日中の寒暖差には気をつけて下さいね。
11月も婚活に役立つ知識・考え方を毎日つぶやいておりますので、よろしければフォローをお願いします。村瀬の人柄や普段の様子をもっと知りたいな、という方はFacebook もどうぞ!

また、「こういう考え方をする村瀬とは、気が合うかも」「村瀬と一緒に婚活してみたいかも」と思っていただけたなら、是非一度無料相談をお申し込み下さい。
その場で入会するかどうかの即決は迫りませんので、どうぞご安心下さいね。

執筆者
村瀬 あゆみ
村瀬 あゆみ
婚活カウンセラー
児童相談所・児童福祉施設に15年勤務。「”結婚して良かった”と思える夫婦を一組でも増やしたい」と思い、川崎市で結婚相談所を開業。 2009年に出会った夫には告白した日から毎日好きを言い続け、今なお記録を更新中。 コミケデビューは小6の冬。
記事URLをコピーしました